English

研究会

海洋安全保障研究委員会

海洋安全保障研究委員会

趣旨

海洋安全保障研究委員会は、齋藤隆元統幕長を中心に主に防衛省・自衛隊関係者によって構成され、2014年から研究活動を継続して実施しています。中曽根平和研究所では2020年に外務省から助成金を得て3ヶ年の研究プロジェクトが進行中であり、海洋安全保障研究委員会もそのプロジェクトの1つとして毎月1回を標準に研究会を実施しています。その研究成果として毎年度中間報告と研究成果報告を公表しており、本年度も10月21日に2021年度研究中間報告として『領域警備を巡る諸問題-中国海警の挑戦に対抗するには-』を公表しています。

メンバー構成(敬称略)

委員長   : 齋藤 隆    元統合幕僚長
委員長補佐 : 福本 出    元海上自衛隊幹部学校長
研究顧問  : 德地 秀士   元防衛審議官
客員研究員 : 平田 英俊   元航空自衛隊航空教育集団司令官
客員研究員 : 松村 五郎   元陸上自衛隊東北方総監
客員研究員 : 中村 進    慶応義塾大学 SFC研究所上席所員
客員研究員 : 佐藤 考一   桜美林大学教授
客員研究員 : 村上 政俊   皇學館大学准教授
研究会事務方: 帖佐 聡一郎  中曽根平和研主任研究員
研究会事務方: 上原 孝史   中曽根平和研主任研究員

研究会の活動

テーマ:グレーゾーン事態における警察・海保と自衛隊との連携や日米共同による対処

テーマ:領域警備に関する法的問題、ハイブリッド脅威に対する各種施策

テーマ:領域警備に関する法的問題、台湾におけるハイブリッド戦と日本の対応

テーマ:領域警備に関する問題

テーマ:領域警備に関する問題、AUKUSの動向、台湾危機と日台関係

テーマ:本年度の研究成果報告と来年度の研究方針についての検討

テーマ:領域警備問題等
ゲストスピーカー: 森川 幸一 専修大教授

テーマ:海保・米コーストガードとの連携、台湾問題、Quad・AUKUSなど
ゲストスピーカー:米シンクタンクNBR ジョナサン・グリナート元提督ほか

テーマ:領域警備問題等
ゲストスピーカー:北村 滋 前国家安全保障局長

テーマ:領域警備問題等
ゲストスピーカー: 兼原 信克 元国家安全保障局次長

※本研究会は、2020年度に採択された外務省の外交安全保障調査研究補助金によって運営されています。

< 前のページに戻る
公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.