English

研究活動

外交・安全保障調査研究事業

外交・安全保障調査研究事業

東アジア国際問題の内在的考察:地域研究から見る朝鮮半島・台湾海峡問題

 23年度から3年間にわたり、東アジアに内在する朝鮮半島、台湾海峡問題、あるいは協力の可能性などについて、韓国、北朝鮮、台湾、中国、ロシアの地域の専門家が各々の「内政」や「歴史・秩序観」などを踏まえて考察し、その成果を米豪、欧州との対話によって深化させるとともに、研究成果を内外に発信し、かつ外務省、政府に提言していくことを目的とする。世界的にも有数の日本の東アジア地域研究の成果を外交政策に接続させていく試みである。韓国・北朝鮮研究会、中国・台湾研究会、ロシア研究会、日米同盟研究会、多国間関係研究会の5つの研究会(ユニット)からなる。

img_concept_2023.png

韓国・北朝鮮研究会

 韓国・北朝鮮研究会では、朝鮮半島情勢及び半島を取り巻く国際関係について、関係各国のインド太平洋戦略を念頭におきながら分析及び展望を行う。2024年4月に総選挙を控える韓国の国内政治情勢について、尹錫悦政権の国内政治運営の動向を踏まえつつ考察する。あわせて、韓国内政の状況が日韓関係の行方に大きな影響を及ぼしうるため、韓国さらには日本の政治状況も視野に入れて、日韓関係の改善の状況について点検する。
 2021年のいわゆる国防力強化5ヵ年計画の下で、核・ミサイル開発及びその実践配備と運用訓練に拍車をかけている北朝鮮の動向及び、韓国を中心とする関係国の対応状況について分析する。
 上記を踏まえつつ、日本の外交安保政策への示唆、提言を検討する。

リーダー: 西野 純也  慶應義塾大学法学部教授・中曽根平和研究所上席研究員
      伊藤弘太郎  一般財団法人キヤノングローバル戦略研究所主任研究員
      梅田 皓士  拓殖大学海外事業研究所助教
      小池 修   防衛省防衛研究所理論研究部政治・法制研究室研究員
      冨樫あゆみ  東洋英和女学院大学国際社会学部准教授
      堀田 幸裕  一般財団法人霞山会課長・主任研究員
      横溝 未歩
      李  尚河  慶應義塾大学大学院博士課程
      柿原 敏彦  中曽根平和研究所主任研究員

詳細は右のリンクをご覧ください ⇒ 韓国・北朝鮮研究会

中国・台湾研究会

 中国・台湾研究会では、中国が国際秩序をいかに捉え、またどのような国際秩序を望んでいるのか、中国の国内の統治がいかに対外政策に関連づけられているのかについて、「一つの中国」「92年コンセンサス」などについての理解を深めつつ、調査分析を行う。中国の台湾政策の動向、台湾の総統選挙を念頭に置きつつ、中国および台湾の対内外行動をどのように理解、説明するのかについて議論を深める。
 上記を踏まえつつ、日本の外交安保政策への示唆、提言を検討する。

リーダー: 江藤名保子  学習院大学教授・中曽根平和研究所客員研究員
リーダー: 福田 円   法政大学教授・中曽根平和研究所客員研究員
      津上 俊哉  津上工作室
      吉岡 桂子  朝日新聞社
      山口 信治  防衛研究所主任研究員
      毛利 亜樹  筑波大学人文社会系助教
      門間 理良  拓殖大学教授
      家永 真幸  東京女子大学教授
      八塚 正晃  防衛研究所主任研究員
      白田 直子  宇都宮大学博士前期課程
      川辺 知明  中曽根平和研究所主任研究員

詳細は右のリンクをご覧ください ⇒中国・台湾研究会

ロシア研究会

 ロシア研究会では、グローバル秩序における黒海地域と台湾海峡の比較研究を行う。その際、東アジアに内在する諸問題と旧ソ連地域の諸問題の連関も明らかにする。中露関係の緊密さ、旧ソ連地域とアジアの非民主主義体制の国家とは類似点も多いことなどに鑑み、旧ソ連地域の諸問題の分析や得られた教訓により、東アジアの諸問題の展開に関する研究に活かす。ロシア・ウクライナ戦争の多角的研究を進める。これらの研究から 日本ないし世界の平和と安定のための示唆を検討する。

リーダー: 廣瀬 陽子  慶應義塾大学総合政策学部教授・中曽根平和研究所上席研究員
      宇山 智彦  北海道大学スラブ研究所教授
      長谷川雄之  防衛省防衛研究所研究員
      中馬 瑞貴  ロシアNIS貿易会
      真野 森作  毎日新聞社外信部副部長
      ダヴィド・ゴギナシュヴィリ ジョージア大使館分析官・慶應義塾大学SFC研究所上席所員
      岩間慶乃亮  慶應義塾大学大学院博士課程
      久島 直人  中曽根平和研究所主任研究員

詳細は右のリンクをご覧ください ⇒ロシア研究会

日米同盟研究会

 日米同盟研究会では、朝鮮半島及び台湾、インド太平洋地域の諸問題をめぐるアメリカの政策論議の動向、ならびにそれらの政策をめぐる共和党・民主党の政治の動向を調査する。大統領の政策のみならず、連邦議会での政策審議の動向も追跡する。上記動向の日本ないし日米同盟へのインプリケーションを分析する。

リーダー: 森  聡   慶應義塾大学法学部教授・中曽根平和研究所上席研究員
      高橋 和宏  法政大学法学部教授
      渡邊 紫乃  上智大学グローバル学部教授
      古賀 慶   南洋理工大学教授
      桒原 響子  日本国際問題研究所研究員/マクドナルド・ローリエ・インスティテュートフェロー
      石田 智範  防衛研究所主任研究官
      寺岡亜由美  コロンビア大学東アジア研究所・博士研究員
      加藤 智裕  一橋大学大学院博士課程
      久島 直人  中曽根平和研究所主任研究員

詳細は右のリンクをご覧ください ⇒日米同盟研究会

多国間関係研究会

 多国間関係研究会では、東アジアを視野に入れて、多国間国際組織における国際協力や、法の支配に基づく国際秩序の確立へ向けた価値を共有する諸国の協力を検討する。国際政治、国際法、国際機構論などの専門家に参加を得て、東シナ海や南シナ海の海洋国際法をめぐる紛争、国際保健衛生をめぐる地域協力、G7やG20などを通じた国際協力などをテーマとして取りあげる。

リーダー: 細谷 雄一  慶應義塾大学法学部教授・中曽根平和研究所上席研究員
      詫摩 佳代  東京都立大学法学部教授
      岡松 暁子  法政大学人間環境学部教授
      鶴田 順   明治学院大学法学部准教授
      市原麻衣子  一橋大学法学部教授
      都築 正泰  上智大学国際関係研究所客員研究員
      岩間慶乃亮  慶應義塾大学大学院博士課程
      久島 直人  中曽根平和研究所主任研究員

詳細は右のリンクをご覧ください ⇒多国間関係研究会

< 前のページに戻る
公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.