English

イベント

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2022/03/18
3月8日に、NPI「知りたいことを聞く」シリーズ「どうなるウクライナ情勢」を開催しました。

 NPI「知りたいことを聞く」シリーズは、人々が関心を寄せる旬のテーマについて、第一線の研究者に「知りたいこと」を投げかけて見解を聞く討論会です。


 ウクライナ情勢が緊迫しています。 ウクライナの国内情勢はどうなっているのか、ロシアのプーチン大統領はどう動くのか、米国、欧州、北大西洋条約機構(NATO)の反応、今後の進展などに関心が高まっています。こうした問題意識をもとに、参加者の皆様のご質問に応えつつ解説を行いました。


◆モデレーター

藤崎一郎    当研究所理事長

◆パネリスト

角茂樹(すみしげき)      元在ウクライナ日本大使

畔蒜泰助(あびるたいすけ)  笹川平和財団主任研究員


視聴者からのご質問を以下の4つのグループに整理して、当日パネリストに投げかけました。


1. ウクライナにおける戦況をどう評価し、これからの展開をどう見るか。

2. プーチン露大統領はなぜ今こんな挙に出たのだろうか。彼の核兵器使用発言をどう見るか。 ウクライナはゼレンスキー大統領の下にまとまって抗戦を続けるだろうか。

3. 経済制裁は我慢ゲームである。西側は本当の鍵であるエネルギー輸入制限停止に踏み込んで行けるであろうか。また西側は制裁を結局自らなし崩しにしないだろうか。

4. 最終的にウクライナはどうなると見るか。南部をロシアの傀儡国とされて北大西洋条約機構(NATO)加盟は凍結で済むか。より広く分割国家にされたり武装解除される可能性はあるか。

< 前のページに戻る

イベントの最新記事

記事一覧へ >
公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.