English

NPIについて

会長・理事長挨拶

会長代行

中曽根 弘文

昭和63年6月、当研究所の開設にあたって、創立者である中曽根康弘元会長が目指したのは、国際社会が直面する重要課題について、自由な立場から深く考察し、創造的かつ建設的な提言を世界に対して行う、開かれた政策研究・提言機関の確立でした。私たちはこれからもその遺志を継承し、国際国家たるべき我が国にふさわしいシンクタンクに向けて当研究所を発展させて参ります。皆さまからのご支援を賜れますと幸いです。

理事長

藤崎 一郎

シンクタンクというものは専門的な知識をもつ人がルーティーンから一定期間離れて、違う分野や違う国の人と交わって議論し、新たな視点、自由な立場から政策提言を行うことに存在意義があります。中曽根元総理が設立した当研究所は、政府の主要官庁、トップ企業から派遣された有望な中堅が相互に研鑽するとともに学界の指導的立場の研究者と議論し、提言などの成果をまとめた後、また政府・企業に戻る日本唯一のいわゆる回転ドア式の研究機関です。現在も外交、安全保障、経済、先端技術などの幅広い分野でグループをつくり、コロナ後の世界、米中ライバル時代の国際社会について日々議論を重ねています。引き続き学界、経済界、言論界と協力していきたくよろしくお願いいたします。

< 前のページに戻る

NPIについて

公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.