English

外交・安全保障

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2021/10/21
海洋安全保障研究会が、2021年度研究経過報告「領域警備を巡る諸問題-中国海警の挑戦に対抗するには-」を発表しました。

本年度、海洋安全保障研究委員会は「本格的な武力攻撃には至らない、国家主体あるいは非国家主体による領域侵害」という事態に対して「どのように」「誰が」我が国の領域を警備するのかとの問題認識のもと研究や議論を重ね、この度問題解決のためのいくつかの選択肢を導出するに至りました。もっともこれらはまだ研究の途上にありますが、広く国民的関心を高めることを目的として、我が国における領域警備の課題を整理し一定の方向性を示したいと考えます。

< 前のページに戻る

外交・安全保障の最新記事

記事一覧へ >

他の研究活動

公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.