English

外交・安全保障

  • 中曽根平和研究所ホーム
  • 研究
  • 外交・安全保障
  • 白石主任研究員によるコメンタリー「『経済安全保障推進法』(仮称)の次の一手 -セキュリティ・クリアランスの早急な導入を-」を掲載しました。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2022/01/27
白石主任研究員によるコメンタリー「『経済安全保障推進法』(仮称)の次の一手 -セキュリティ・クリアランスの早急な導入を-」を掲載しました。

 今次国会への法案提出を念頭に、「経済安全保障推進法」(仮称)の検討が政府において進められている。「経済安全保障」概念の不明確さから、いかなる内容になるのかについて関心が高まっていたが、「経済安全保障法制に関する有識者会議」の議論などを通じて、法案の骨格が明らかになりつつある。本稿では、その概要を踏まえて、求められる「次の一手」について考察する。

< 前のページに戻る

外交・安全保障の最新記事

記事一覧へ >

産業・通商の最新記事

記事一覧へ >

他の研究活動

公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.